子育ての達人 Export of bringing up a chilud
〜「夢」について親子で語り合い育める社会を〜
子育て未来研究所とは 子育ての達人 入会案内 フリーペーパーみらいPocket テーマソング リンク
線

子育ての達人とは

点線
demo
記事は携帯サイトでもご覧いただけます


TOP>お受験と受験>予備校講師から見た受験

◆第05回「家庭での時事問題1」
北岡 豪  


長いブランクを作ってしまいました。これからは、まめに更新しますのでよろしくお願い致します。

さて、未曾有の大震災から、はや二カ月ですね。小学生の子供たちもようやく落ち着いてきました。
ひところは、余震のたびに不安な顔をし、机の下に隠れるお子さんもいました。ただ、大震災を茶化すようなことを言う子がたまにいます。

そのような言動に対しては、私はかなりの怒りを現わします。
もちろん、ふざけてるだけで、悪気は無いのですが、やはり、言って良い事と悪い事があるということを、はっきり感じさせる必要はあると思います。

こういう時期だからこそ、ご家庭で「命」の大切さを話していただければと思います。

先日、新聞に何面もつかって亡くなられたお名前が掲載されていました。あまりの数に茫然としてしまいました。
その方々の周りには数十人以上の悲しみがあるのですから…

また、原発の是非を話あわれるのも良いかとおもいます。原発を全廃というのは簡単ですが、実際授業でもとりあげますが、日本のエネルギー事情は原子力に15%以上依存しているのは事実です。それに、地球温暖化問題もありますから。

来年度の入試にはこのあたりはまず、反映されると思います。
今回は久しぶりですので、このへんで終わります。

線

線
copyright (c) Kosodate No Tatsujin all right reserved.

講演依頼はこちら